【妊婦だけの問題じゃない 骨盤矯正で美しく健康なカラダを】

”妊婦さんが、ヨガとかで対策するやつだ”とか”出産後の、洋ナシ型の体型の原因だ”など、妊娠と関連付けて「骨盤」に対する問題は、ご存知の方も多いでしょう。
私の場合だと、「出産後の骨盤矯正は、洋ナシ型の体型防止に重要」ということだけは知っていたので、出産後、体力が少し回復してから整骨院でプロの方の指導の元、行うことにしました。
恥ずかしながら実際それまでは、アバウトな知識しか持っていなかった私ですが、プロの方の話を聞くと「なるほどな〜」と納得させられる情報ばかりでした。

「出産後は特に!ではあるが、普段の生活習慣でも骨盤は歪んでしまう」
骨が歪むことに重点をおきがちですが、「骨盤の歪み」とは、もともとは骨盤の仙骨と腸骨の間にある仙腸関節の動きが、狭くなったり、広くなったり、動く範囲が対称ではなくなってズレが生じ、骨やそれに沿う筋肉が歪んでしまう状態の事を言います。

骨盤とは、仙骨、腸骨、坐骨、恥骨の4つの骨で形成されているものですが、中でも妊娠中は、胎児の重みから「恥骨」に対して負荷が掛かることで、特に歪みが発生しやすい箇所になっています。

しかし、妊婦さんに限った話ではなく、坐骨などは、座るときの支えになっている箇所なんですが、足を組んだりして重心が偏った座り方をすると、これもまた骨盤の歪みにつながってしまいます。

「”歪む”とは言うが、実際どうなるの?」
【前傾に歪む】イスに座るときに前のめりに座る、カカトの高い靴を履く、などが原因で骨盤が前のめりになった状態
下腹の出っ張り、垂れ尻、などが見た目として影響しやすい。

【左右の傾き】座るときにいつも決まった方の足を組む、立っているときに片足に重心をかける、などで坐骨がずれている状態
下半身太り、O脚などが影響している。

【骨盤の開き】出産などによって逆三角の形の骨盤が、正方形のような形になった状態
洋ナシ型の体型の原因になりやすい。

代表的なものだけでも、これだけの数があります。出産が影響しているのも確かではあるのですが、それだけではないこともおわかりいただけたかと思います。

「実際、どう対策するのか」
基本中の基本、ストレッチはやはり効果的でしょう。ストレッチによって歪んで固くなってしまった骨盤や骨盤周辺の筋肉などを柔らかくしていきます。
私が整骨院の先生から教わった自宅でできるやり方ですと
丸めたタオルをおへその真後ろ側へ置き、仰向けに寝ます。布団などの柔らかいところでは、効果が半減しますので床などの固いところで行うのが良いそうです。
ストレッチ以外ですと、姿勢矯正クッション等を使用するのが、坐骨の歪みに対しては効果的だそうです。

自宅で、自分で行う対策も重要ではありますが、一度プロの方の指導を受けるのを、私としては強くオススメしたいですね。
「骨盤の歪み」と一口に言っても、多様な症状がありますので、自分がどの状態なのかということを、ちゃんと見極めた上で正しいセルフケアを並行していくことが重要ですよ。おすすめの基礎化粧品はこちら