女性に生まれたからには大なり小なり美容と向き合うものだと思います。

しかし私は非常に面倒くさがりで、今までの人生美容やケアから出来る限り目を逸らしてきました…。

ですが、そろそろキレイになるために何かしなくては!と危機感を覚え始めたので、今後チャレンジしよう、したいと思っていることをまとめました。

まずはムダ毛の処理です。

今まで見えるところだけしか処理をしていない上に、その見える部分の処理さえも面倒になり出来るだけ肌を隠す服を選んできました。

ですが、さすがにまずい気がするのでなんとかしようと思いました。
しかしやたらと早い毛の成長速度…考えただけでもやっぱり面倒なのです。

という訳でもういっそ永久脱毛をしようと思い至りました。

今現在はサロンに通っているところでまだまだ先は長いですが、少しずつ薄くなっていって効果を実感しているので最終的にどうなるのかが楽しみです。

あとは根本的な部分、食生活に気を付けるということです。

なんにしても栄養の偏りは良くないですね、すべてに繋がります。

顔の肌荒れが酷いのも油多めでおおざっぱな食生活によるものでしょう…これは今後気を付けたいことです。

制限しすぎるのは難しいですが徐々に改善していきたいです。

以上がキレイになるためにやりたいこと、始めた事です。

今後も継続して少しずつ自分を変えていけたらと思います。青髭対策のサイト

美容のためにやっていることは腸の調子を整えるという事です。
腸は第二の脳と言われるくらい大切な器官です。そして外から触れることが出来る唯一の器官でもあります。
私が良く行っているのが、腸マッサージです。便秘の時にお腹のマッサージをする要領で腸をマッサージします。外から刺激することで腸の動きを良くします。腸の動きが良くなると腸の壁についた汚れも取れて食べた物の栄養をきちんと吸収してくれるようになります。サプリメントなどでビタミン・ミネラルを摂取していても肝心の腸が汚れているとほとんど吸収されずに体の外に排出されてしまいます。きれいな腸でいることは美容と健康のためにとても大切なことです。
そして腸の第二の役割は免疫を作ることです。免疫力はアンチエイジングにも必要な要素です。ヨーグルトを食べたりして、消化の良い食べ物をとるようにして腸を労わってあげましょう。
暴飲暴食して腸に負担をかけると、腸は免疫を作る余力をなくしてしまいます。すると自然に体力が落ちてしまいます。風邪を引いた時に自然と食欲がなくなると思います。脳が指令を出して食欲を抑え去ることによって消化することによる腸の負担を減らします。免疫を作る仕事に専念してもらうのです。人間は自分が食べたものを消化するのに一番体力を使うという少し矛盾した生き物なのです。そういった意味でも腹八分目は健康に良いのです。
腸を整えることで体調も良くなりお肌や髪の毛も綺麗になります。美容のためには体の内側・外側の両方から働きかけることが大切なのです。オーガニックコスメの選び方

美容の中でも一番難しいのが体形維持です。特に50代ともなると、どうしても体形が崩れてきます。20代と同じ体系を保つのは無理としても、やはり何か努力をしないと崩れる一方になってしまいます。
私の場合、毎朝15分のウォーキング、週1回の水泳、毎日の筋トレとストレッチを心がけています。

ウォーキングは近所の公園をできるだけ速足で歩きます。天気によってできないこともありますが、そんな時は仕方がないので筋トレを少し多めにします。通勤などで1日15分以上歩く人は、それもウォーキングとして考えて良いと思います。

水泳は、一週間に一回屋内プールに行って、一回に1km、自分のペースでクロールと平泳ぎで泳ぎます。あまり泳ぎに自信がない人は、水中歩きだけでも運動になるので良いと思います。水泳は多くのエネルギーを消費しますが、お腹が空くので、終わってから食べ過ぎないように注意しなければなりません。
私の場合は水泳ですが、ヨガやピラティスなど何か他の事でも良いと思います。

筋トレとストレッチは、ネットで見ていくつか試してみて、自分に合っていて効果があったものをいくつか組み合わせて、自分流にアレンジしたプログラムを作りました。全部で10種類、5分間の軽いものです。たった5分間ですが、これ以上時間をかけると毎日するのは苦痛になって続かないと思ったので、この量にしています。

私は以上の運動を10年間以上続けています。この10年間、おかげさまで洋服のサイズは変わっていません。体形はパーフェクトとは言えませんが、自分なりに精一杯努力しているつもりです。たとえ少しの運動でも、毎日長く続けるのが大切だと思います。http://www.xn--eckr1euax9jwc6f5370a9ewf.xyz/

私が日常的に行っている美容は、以下の3つです。

・全身の毛の処理はかかせません。
ホクロ毛やヒゲはもちろんのこと、普段は露出していない部分の毛も綺麗に整える事で、一段階レベルが上がった気になります。
家族に手料理を食べさせるので、腕や指の毛は特に欠かさないよう、綺麗に処理をしています。
人に嫌な思いをさせないというのが、まず私の基本です。

・日常的に鼻の毛穴を綺麗にすること。
私は、数日間ケアをおこたるだけで、鼻の毛穴に黒ずみが溜まってしまいます。
人と対面して話すとき、毛穴が目立っているのではないかと不安になります。
綺麗な毛穴をたもつには、いくつかの方法があります。
お風呂で温冷を繰り返し、毛穴を綺麗にする。
サウナ(可能であればサウナ→水風呂を繰り返す)で汚れを落とす。
ランニング、ジョギングなどの運動を継続して行い、少しずつ毛穴を綺麗にする。
数日の間に、上記のどれか1つは必ず実行することで、綺麗な毛穴を持続させています。

・テカり防止
外出してしばらく時間が経つと、顔がテカってしまいます。
テカってきたなと思ったら、トイレなどで洗顔をして、化粧水や乳液を付けます。
その時に使用するのが、『テカり防止』の物です。
インターネットでも簡単に購入できて、女性用はもちろんのこと、男性用も販売しています。
綺麗なツヤに見えればいいですが、油ぎって見えてしまうとお悩みの方には、特におすすめです。
Tゾーンなどに、部分的に使用するのも技ですね。増毛したい女性のための参考サイト

私はスキンケアや体型維持など、年齢的なものもありあまり気にしていないのですが、唯一すごくストイックに力を入れているのが髪の手入れです。
白髪が出てきてヘアカラーなどで髪を染めることが多くなった今、特にストイックに髪の手入れだけはしています。
若い頃のようにツヤ感がなくなりつつあるのですが、いくら顔やスタイルを綺麗にしていたとしても、人の第一印象って髪でも大きく左右されると思うのです。
髪の長さに関係なく、髪の綺麗な女性というのは清潔感があり、凛としたイメージがあると思うので、私は髪の手入れに手を抜くことはないです。
私のやっているヘアケアは、ブラッシング、定期的なスカルプシャンプーの使用、コンディショナー、ドライヤー前のヘアケア用のスプレーなどを使用しています。
しかし何でも過剰に使用すればいいというものではなく、自分の髪のコンディションやその日の体調などを考慮して使用しています。
年齢的に髪にハリコシツヤが無くなりつつあるので、このままでは余計に老けた感じや清潔感がなくなると思います。
それなりにツヤがある髪というのは永遠の女性の憧れだと思います。
それをいかに継続できるか?が私の美容に対するこだわりです。
幸いにも若い頃に髪を酷使するようなカラーリングやパーマなどは必要以上にしなかったので、今でも手入れは難しくはないですが、しかし手を抜くとすぐにハリコシツヤが無くなってしまうので、普段からの手入れを怠らないようにしています。女性に人気の脱毛器を特集しています

”妊婦さんが、ヨガとかで対策するやつだ”とか”出産後の、洋ナシ型の体型の原因だ”など、妊娠と関連付けて「骨盤」に対する問題は、ご存知の方も多いでしょう。
私の場合だと、「出産後の骨盤矯正は、洋ナシ型の体型防止に重要」ということだけは知っていたので、出産後、体力が少し回復してから整骨院でプロの方の指導の元、行うことにしました。
恥ずかしながら実際それまでは、アバウトな知識しか持っていなかった私ですが、プロの方の話を聞くと「なるほどな〜」と納得させられる情報ばかりでした。

「出産後は特に!ではあるが、普段の生活習慣でも骨盤は歪んでしまう」
骨が歪むことに重点をおきがちですが、「骨盤の歪み」とは、もともとは骨盤の仙骨と腸骨の間にある仙腸関節の動きが、狭くなったり、広くなったり、動く範囲が対称ではなくなってズレが生じ、骨やそれに沿う筋肉が歪んでしまう状態の事を言います。

骨盤とは、仙骨、腸骨、坐骨、恥骨の4つの骨で形成されているものですが、中でも妊娠中は、胎児の重みから「恥骨」に対して負荷が掛かることで、特に歪みが発生しやすい箇所になっています。

しかし、妊婦さんに限った話ではなく、坐骨などは、座るときの支えになっている箇所なんですが、足を組んだりして重心が偏った座り方をすると、これもまた骨盤の歪みにつながってしまいます。

「”歪む”とは言うが、実際どうなるの?」
【前傾に歪む】イスに座るときに前のめりに座る、カカトの高い靴を履く、などが原因で骨盤が前のめりになった状態
下腹の出っ張り、垂れ尻、などが見た目として影響しやすい。

【左右の傾き】座るときにいつも決まった方の足を組む、立っているときに片足に重心をかける、などで坐骨がずれている状態
下半身太り、O脚などが影響している。

【骨盤の開き】出産などによって逆三角の形の骨盤が、正方形のような形になった状態
洋ナシ型の体型の原因になりやすい。

代表的なものだけでも、これだけの数があります。出産が影響しているのも確かではあるのですが、それだけではないこともおわかりいただけたかと思います。

「実際、どう対策するのか」
基本中の基本、ストレッチはやはり効果的でしょう。ストレッチによって歪んで固くなってしまった骨盤や骨盤周辺の筋肉などを柔らかくしていきます。
私が整骨院の先生から教わった自宅でできるやり方ですと
丸めたタオルをおへその真後ろ側へ置き、仰向けに寝ます。布団などの柔らかいところでは、効果が半減しますので床などの固いところで行うのが良いそうです。
ストレッチ以外ですと、姿勢矯正クッション等を使用するのが、坐骨の歪みに対しては効果的だそうです。

自宅で、自分で行う対策も重要ではありますが、一度プロの方の指導を受けるのを、私としては強くオススメしたいですね。
「骨盤の歪み」と一口に言っても、多様な症状がありますので、自分がどの状態なのかということを、ちゃんと見極めた上で正しいセルフケアを並行していくことが重要ですよ。おすすめの基礎化粧品はこちら